またしても片手間ですが、今度こそIntelCPUのPCで、i386のCentOSでインストール。おぉ、インストーラがカッコイイ。
しかし、エラーが。

An error occurred while setting up the installer.
エラー: パッケージの依存関係が解決できませんでした。
/usr/bin/certtool は hde-libvirt-0.6.3-2 に必要とされています。
/usr/bin/qemu-img は hde-libvirt-0.6.3-2 に必要とされています。
cyrus-sasl-md5 は hde-libvirt-0.6.3-2 に必要とされています。
iscsi-initiator-utils は hde-libvirt-0.6.3-2 に必要とされています。
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ(ry

おなじくCentOSでインストールした方のメモ(d:id:na-ga-na-ga:20090528:1243496800)によると、次のパッケージを入れればよさそう。

# yum install gnutls-utils qemu cyrus-sasl-md5 iscsi-initiator-utils PyXML

そしてついに!

おめでとうございます!! インストールが完了しました。
必要に応じて設定ファイル /etc/opt/karesansui/application.confを変更してください。
Karesansuiが動作する環境をチェックするには次のコマンドを実行してください。
# ./karesansui-checkenv
    /\___/ヽ   ( こ
   /    ::::::::::::::::\
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .::::|  ┼'っ
  |  '"⌒` ,: '"⌒` :::|   l
.   |  , 、_:< __,、  .::|
   \ /\i_i_i_/ヽ ::/  l |
   /`ー‐--‐‐&#8212;´\    ノ

で、あくまでも片手間なので、仕事を済ませたらまたレポートしたいと思います。