新しいタイプの詐欺、「荷受け代行詐欺」というものがあるそうです。

この詐欺容疑で3人が逮捕されました。

完全在宅業です!主婦もできます。50〜70歳の人でも活躍できる!

このようなうたい文句で、主婦ら500人以上から個人情報を入手しました。

その個人情報を使って、スマホ4000台以上、総額1億4000万円以上をだまし取った疑い。

主婦や高齢者に対して、アルバイトを持ちかけて個人情報を入手した。

そのバイトとは「荷受け代行」というもの。

荷受け代行バイトとは?

届いた荷物に宛名を書いて送るだけ。

1件当たり、3000円〜5000円もらえる。

こんな割のいいバイトはないと普通は思ってしまいます。

Aさんが、求人サイトやSNSで自分の情報を登録する。

一週間後に荷物が届く。

指定の宛先に荷物を転送する。

即日、遅くとも3日以内に振込がある。

実際に振込があったので、信用できると思い込む。

その後もどんどん荷物を転送する。

しかし突然2か月後、大量の請求書が届いた。

会社(騙し業者)に電話しても連絡が取れなくなる。

裏では何が行われているか?

騙し業者が、得たAさんの個人情報を使って、ネットでスマホを購入。

Aさんの名義なので、Aさんの家にスマホの荷物が届く。

しかし、Aさんは荷物を転送するバイトをしているので、荷物の中を開けずに指定の宛先に転送する。

転送した先に騙し業者がいてスマホをゲット。

だまし取ったスマホの使い道。

・振り込め詐欺で、アシのつかない携帯として使用する。
・闇金でお金を借りるために、携帯を使用する。
・単純にスマホの転売をする。

SIMカードだけを悪用して、スマホだけを転売するということもできる。

なぜだまされるのか?

個人情報、(名前・生年月日・身分証明書)が必要という他に、

写真付きの身分証明書を送ってください。
高額なものもあるため、皆さんにお願いしています。

などと書かれているので、

「身元を確認するきちんとした会社だ」と勝手に信用してしまう。

スマホ契約の抜け穴

格安スマホを勝手に契約される。

・銀行口座
・写真付き身分証明書

格安スマホを使った振り込め詐欺の割合

2015年1月〜9月で、1%
2016年1月〜9月末時点で、33%

急増している。

今年に入って、「荷受け代行詐欺」が急増している。

実際にあった被害

・端末代、解約料など一社で20万円ほどの請求があり、総額で100万円ほどの請求があった。
・総額50万円のほどの請求があった、支払わないといけないとしたら死ぬしかない。

共犯になる可能性がある

大量の請求書がきたので、警察に相談しに行く。

「被害者は携帯会社で、あなたは加害者です」と言われる。

「携帯が犯罪に使われたらあなたを逮捕するしかない」と言われる。

そのため、被害届は受理されない。

自分が犯行に加担していると知らなければ、容疑はかけられても、結局は不起訴になるということは十分考えられる。

転送先に行ってみると

転送先として書かれていた住所に行ってみると、そこは神奈川県のとあるビル。

Q.この会社はどういうところなのですか?
A.私書箱を設置しているところです。
 
Q.どれくらいの数の私書箱がありますか?
A.十数件が契約しています。
 
Q.三浦(容疑者)という契約者はいますか?
A.そういう契約者がいるかはわからない。

会社の説明によると、

・ここは私書箱を解説している場所。
・指定の書類に記入し身分証明書を提示すれば開設できる。

転送先の住所に行けば解決する問題というわけでもなさそうです。