2017年5月17日(水)発表

f:id:ryoko_shimbun:20170601112510p:plain

 DeNAトラベルがこのほど実施した「ビット コイン(仮想通貨)」に 関する調査によると、最も使えるようになればいいものに「旅行代金(航空券・ホテル)」が選ばれた。

 

関心が高まるビットコイン 

 4月、仮想通貨の位置づけを定めた「改正 資金決済法」が施行。日 本でも徐々にビットコインへの関心は高まってい る。

 一方、今回の調査によると実際に保有している人は15・0%。このうち、76・0%が「使用経験なし」と答えた。

 保有はしていないが、興味がある人は42・0%。現在、保有していない理由としては、「取得方法や使い方が分からない」が44・0%で最も多かっ た。次いで「ハッキングやネットワークトラブルが心配」の39・8%、「価値が変動するのが心配」の32・8%など。

f:id:ryoko_shimbun:20170601112817p:plain

 ビットコイン保有者のうち、7割以上で使用経験がなかったが、これについては「まだ使える場 所が限られており、使用が難しい」「投資・投機 目的で保有」などの理由が多く見られた。

 今後、ビットコインが使えるようになればいい と思うサービスは、2位がショッピングサイト(23・1%)、ATM(15・0%)、公共料金(10・0%)、飲食店(10・0%)の順。